👀 新着 視力回復自宅で自分でできる方法情報



視力回復「福辻式」DVD
視力が「5分後には回復」してしまうとても簡単な「ある方法」
◎発売日:2016/05/12

視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法
一日たった3分だけで、視力がぐんぐん回復する画期的な視力回復法。



目は高性能なカメラと同じ!デリケートなので大切に

視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法

映像技術がこれだけ進歩しても、
未だ、人間の目に勝る高性能なカメラはありません。

人の目には望遠レンズのような機能はありませんが、
遠近を瞬時に調節したり、
明暗にも素早く対応出来るのは、
機械のカメラには真似の出来ないことです。

カメラでは暗い所で写真を撮る時には
通常、絞りを開くか、感度の高いフィルムを使います。

目の場合、
暗い所では瞳が大きくなり、
カメラの絞りを開いた時と同じような状態になります。

しかし、カメラのように感度の高いフィルムに交換することは出来ません。

そこで、重要となるのが網膜です

網膜は、目のフィルムに相当するものです。

視力回復3ミニッツ・モノが見える仕組み.PNG

網膜には2種類の視細胞があり、
一方は、網膜の中央付近にあって、
明るい時に働く、
「錐体(すいたい)細胞」

もう一方は、網膜の周辺にあって
暗い時に働く、
「杆体(かんたい)細胞」と言われるものです。

これらの細胞は、明るさによってスイッチが切り替わりますので、
私達が意識したり、
フィルムのように付け替えなくても
目が慣れると自然に「見える」ようにしてくれるのです。

病気や怪我で網膜が傷ついたり、
レーシックなどの手術で角膜を削ったりすることで
この明暗調節機能の細胞が壊れてしまうと
暗い所で目が見えにくくなったり、
まぶしい光に弱くなってしまうこともあります。


目は高性能なカメラと同じです。

デリケートなものですので、
大切に扱いたいものですね。
(株式会社アイリスさんのメールより)


公式サイトはこちらから


視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法
公式サイトはこちらから


目は高性能なカメラと同じ!デリケートなので大切に


視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法 まとめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック